LINEで送る

基板スクラップ買取の見分け方・検品基準について

2017/02/05 ニュース

こんにちは、ヒラノヤ 中務(なかつかさ)です。
弊社メインの商材、基板スクラップは、たとえばCPUなどヒラノヤ買取価格が1万円を超えるものから0円以下の有償となってしまうものまで様々あります。ですが、どれも基本は見た目緑色の板の上に何かしらがゴチャゴチャと付いているだけでほとんど同じ。これまで基板スクラップを触られたことの無い方でしたら何が高価で何がゴミなのかも意味不明ではないかと存じます。のでこの度は基板スクラップ買取にあたっての大まかな見分け方や検品基準について書いてみました。もしご興味がありましたらご一読下さいませ。

 

 

基板スクラップの価値は含まれている貴金属の量で決まります。

 

基板には金(Au)・銀(Ag)・パラジウム(Pd)の3種類の貴金属が主に含まれており、そのうちでも一番価値が高いのが金(Au)です。

 

 

そしてそれら貴金属は、より具体的に言えばCPUICチップなどの演算装置の金メッキや内部ボンディングワイヤーなどに使用されています。
正方形ICチップ・長方形ICチップ
基板に乗っているCPU

 

基盤の接触部分の金メッキ。品位は高いです。

 

つまり、スクラップとしての基板の価値はCPUおよびICチップ、金メッキなどの貴金属含有部分から金(Au)がどれだけの量取れるかで凡そ決まるということになります。

 

よって基板の価値はCPUおよびICチップの割合を目安にして下さい。但し、上でも書きましたが基板の形は様々ICチップの量も種類も異物の量も基板自体の形も全部バラバラであり、且つ外観から貴金属が見えるわけでもないため、正確無比に貴金属量を推測、つまり完璧な見極めを行うことなど絶対に不可能です。ですのでヒラノヤではある程度の幅を持って買取のランク分けをしております。

※見た目から正確に識別することが困難であるため、思いがけずも買取ランクが上下することもございます。その際はご了承の程をお願いいたします。

 

 

 

 

基板の価値を押し下げるものについて(=異物・付物)

 

 

基板は、身の回りの家電製品から自動車、果ては戦闘機や宇宙ステーションまで(もちろん扱ったことはありませんが…笑)、電力で動くありとあらゆるものに取り付けられています。よって形も様々ですが、その機能に合わせてCPUICチップ以外の物が付けられていることも多くあります。
よく見るのは銅コイルアルミ放熱板コンデンサーです。基板の価値の本質である金(Au)と比べると銅やアルミはあまりにも価値が低すぎるため、これらの重さ割合が増えれば増えるほど基板の価値は加速度的に暴落します。よって、コモンメタル(ありふれた金属)の中では比較的高値な銅やアルミも、基板スクラップにおいては不要なもの(≒異物、付物)となります。

 

銅コイルとコンデンサー

 

アルミヒートシンク

 

基板上のトランスコア

 

 

 

 

 

以下検品基準の例です。ご参考にして頂けたらと存じます。

 

SS基板

 

SS基板スクラップの例

  • セラミックCPUが多数搭載されており、その他多くのIC(正方形)で基板全体が覆われている高品位のもの。
  • 異物の付着は一切認められないもの、とお考え下さい。

 

 

S基板

 

S基板の例

  • セラミックCPUが多く搭載されており、その他ほとんどがIC(正方形)で基板全体が覆われている高品位のもの。(SS基板よりセラミックCPUは少ないものになります。)
  • 異物の付着は一切認められないもの、とお考え下さい。

 

 

A基板

 

A基板の例①

  • IC(正方形)を全面に搭載、その他IC(長方形)で埋め尽くされているもの。
  • S基板に少量の異物が付いている場合はこちらに1ランク下げることもあります。

 

 

B基板

 

B基板の例

  • IC(長方形)で埋め尽くされているもの。
  • IC(長方形)のみである場合は異物の付着は一切認められない、とお考えください。

 

 

C基板

 

C基板スクラップの例

  • IC(長方形)が50%以上の面積を占め、その他に異物が少し付いているものになります。
  • 異物が大きいor重たい場合はさらに値下げの可能性もあります。

 

 

その他の雑基板

 

その他雑基板スクラップの例

 

家電基板/電源基板

 

家電/電源基板スクラップの例

  • アルミや銅コイルなどの付き物が多いもの。
  • 一切何も載っていない生基板(=板だけの状態のもの)はご相談下さい。稀に単価が付く場合があります。
  • コンデンサーばかりのものや樹脂付き基板、ブラウン管テレビ基板など異物が多すぎるものは更に単価が減額される場合もありますのでご注意下さいませ。

 

 

 

何もついていない基板=生基板/プリント基板

何も付いていない板だけの基板は生基板/プリント基板としての買取か、もしくは買取でき無いいわゆる産業廃棄物のいずれかになります。詳細は以下のページをご覧くださいませ。

 

生基板/プリント基板についてのページ

 

 

※家電基板および電源基板の注意点

 

家電基板および電源基板にはCPUおよびICチップがほとんど付いておりません。よって家電基板と電源基板ではアルミや銅が価値そのものになります。ので、家電基板と電源基板は鉄やプラスチック・コンデンサーなど価値の低いもの以外の異物付き物は絶対に外さないで下さい。

 

 

 

以上になります。もっと詳しいことを知られたい、ということでしたらサイト一番下↓の連絡先までぜひぜひお電話を下さいませ。
よろしくお願い致します。

«
»