LINEで送る

触媒買取りについてご注意 その1

2017/06/10 お知らせ

こんにちは、ヒラノヤ 中務(なかつかさ)です。

 

弊社で車の触媒の買取を始めて早1か月程(たぶん)が経過しました。ありがとうございます。

で、この度は買取りにあたっての注意点を書きたいと思います。

 

 

・自動車触媒のパイプについて

 

自動車の触媒の価値は内部のハニカムおよびメタルの大きさに依存します。

 

外装では無く中身の大きさでランク分けされます。

 

車触媒のハニカム

 

車触媒のメタル

 

 

というわけで買取りをする際は必ず内部のハニカム&メタルの大きさを確認いたします。

.

触媒装置の口から覗いて確認します。

 

 

しかし、自動車触媒は排気ガスを排出する経路の一部ですから、必ず排気ガスが通過するパイプに繋げられておりまして…↓

 

パイプが邪魔で中が見えません。

 

この状態↑ですと中が見えないので触媒の有無および大きさを確認することができません。

 

 
よって、よく見知っている触媒スクラップ1個~2個程度なら問題ないのですが、滅多に見かけない珍しいもの若しくはよく見かけるものでも大量にある場合は、パイプの切断費用を頂く(200円/本)か、最悪の場合買取りをお断りさせて頂く可能性があります。

 

 

ですのでヒラノヤへ買取をご希望される場合はお手数ですが左右のパイプがサンダーなどで切断して頂き、内部を確認出来る状態にして頂きたいと存じます。

 
触媒装置の左右を切断してください

 

 

 

違うモノになりますが、こんなかんじでお願いします。↓

 

触媒両側から覗けるようになりました。

 

 

以上になります。

その他触媒の詳細や買取にあたっての注意事項などを「自動車触媒スクラップ買取詳細について」にも記載しておりますので、ぜひぜひご一読下さいませ。自分で言うのもなんですがマメ知識としても面白いです。ははは。

 
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ヒラノヤ 車など触媒スクラップの買取価格一覧

 

«
»