LINEで送る

基板の異物や付き物について

2018/03/29 お知らせ

こんにちは、基板スクラップ買取・ヒラノヤの中務です。
昨日お客様より「基板の異物はどのように取ればいいのか」とお問い合わせがございました。お電話口では全てを回答し切れないので、当ブログにて解説をしたいと思います。

 

ヒラノヤ 買取価格一覧

 

 

 

「基板は破損してもOK」

よく頂くお問い合わせとして「基板は傷が入ってもいいのか?」というものがありますが、基板スクラップは弊社にて買取後、破砕機にて粉砕後し全て溶かし資源として再生します。ですので、

 

・傷どころか割れてもOK

 

です。つまり異物を取る時はトンカチで叩いてもサンダーで切り取っても全く問題ありません。ただし価値のあるICチップやCPU、金メッキを取ってしまうと価値が下がりますのでご注意くださいませ。

 

 

 

「銅・アルミは異物なのか?」

 

基板スクラップには下記のものなどが半田付けなどにて取り付けられております。

 

 

基板に付いているものそれぞれの価値

 

 

上記はそれぞれの大体の買取価格です。上記のものがどれだけ載っているかで基板スクラップの価値が決まります。ゆえに、CPUなどが沢山付いている価値の高い基板では変圧器(トランスコア)やアルミは重さを取りますので異物として見ることが出来ます。逆に価値の低い、つまりICチップやCPUがほとんど付いていない基板(家電基板など)ではアルミや銅を取ってしまいますと本当に価値が無くなってしまいます。

 

 

 

 

ということよりまず、大雑把に申しますが

 

 

・鉄やプラスチックは必ず除去

 

 

を前提に

 

 

・価値の高い基板では銅・アルミ・鉄・プラなど除去
・家電基板や電源基板では鉄とプラだけ除去

 

 

を行って頂くと売却の効率がいいです。取り外した銅やアルミはそのまま売れますので、手間や人件費などを考えれば除去したとしても利益総額はそこまで変わらないかもしれませんが、空いた時間に、ということでしたら取られた方がお得になります。

 

 

以上になります。ご参考になればと存じます。
尚、もし基板の写真をヒラノヤのLINEもしくはメール(info@hiranoyasan.com)までご送信頂きますと、以下のような写真にて解説を致しますので、ご利用頂けたらと存じます。

 

返信写真の例 ⇓

返信用写真の例

 

 

 

ヒラノヤ line@のQRコード ⇓

ヒラノヤ line@のQRコード

 

 

よろしくお願い申し上げます。

«
»