LINEで送る

金杯・銀杯が入荷☆

2018/04/10 お知らせ

こんにちは、基板スクラップ買取専門ヒラノヤの中務(なかつかさ)です。この度は遠方より郵送にて様々な商材を送って頂きました。真にありがとうございます。

 

 

銀杯

銀杯

 

 

うおおお!純銀です。器の裏側に⇓のような刻印があります。

 

裏の「純銀」の記載あり

 

 

 

他にこんな記載のものもありました。

 

純銀・造幣局の記載

 

「日本国が100%SILVERを保証しまっせ!でこれ造幣局で作ったよ☆」という意味です。他にも色々な刻印がありますので、興味のある方は調べてみてください。結構面白いです。

 

 

 

 

酸化ではなく硫化

 

銀は放置しますと特有の七色に光るような黒ずみを帯びます。これは酸化ではなく硫化、空気中に含まれる硫黄と結合して硫化銀となるためです。ちなみに黒ずみを除去するには(=硫化銀を銀に還元する)にはアルミホイールに食塩と熱湯を注ぎ硫化銀を入れグツグツ煮れば、化学反応によりもとの銀色に戻ります。

 

硫化銀の還元

(出典:シルバーアクセサリの黒ずみを化学的に落とす方法)

 

 

ほ~、なるほど。私も書いてて勉強になりました。

 

 

 

 

 

続いて金杯

 

大阪万博・金杯

 

銀杯と同じく裏面の刻印を見てみますと…

 

裏に24Kの刻印

24Kの刻印

 

 

これはいわゆる24金というやつで純金メッキということです。ということは…

 

やすりで削る。。。

やすりで削ると…

 

 

銀色☆

 

銀色!!これは亜鉛です。他には真鍮のものもあります。
メッキの記号も色々あって調べればとても面白いです。

 

鍍金(メッキ)の刻印
→http://www.maruka.biz/topics/topics_gold_mark.html

 

 

 

ヒラノヤで買取しておる金メッキは剥離処理を行い採取します。が、もし母材が重たければその分剥離の処理代が大きくかかってまいります。その結果採取できる金の価格よりも処理代の方が高くなってしまいます。ですので、母材が重量物である場合は母材としての買取となります。

いえ、たしかに金メッキはもったいないですが、この場合は本当にどうしようもありません。涙を飲んで母材として売却するのが一番お得な方法となります。

 

 

ヒラノヤでは基板スクラップだけでなく純銀や純金のスクラップも扱っております。もしございましたらご遠慮なくご相談下さいませ。

 

 

ヒラノヤ買取価格一覧

ヒラノヤ金メッキ品買取と検品基準詳細

 

 

よろしくお願い申し上げます。

«
»