休業日のおしらせ
LINEで送る

水晶振動子について

2021/03/12 その他の電子部品

こんにちは、基板スクラップ買取のヒラノヤ 中務(なかつかさ)です。
本日はつい先日に入荷した水晶振動子について書きたいと思います。

水晶振動子(袋詰め)

水晶振動子

 

まず、水晶振動子とは何か。
私調べてみたのですがかなりややこしく…以下ざっくりになります。

水晶振動子とはICチップ(半導体)と同様に現代における大多数の電子機器にとって必須の電子部品であり、よって「産業の塩」と呼ばれております。中に入っている水晶板に電圧をかけることにより高精度=規則正しい振動を発生させ(逆圧電効果 by キュリー兄弟)それを電気信号(パルス)として適切なタイミングで各部品へと伝達します。

結果、

・それぞれの部品に安定したそれぞれ異なる周波数を各部品に送る
・それぞれの部品に、適したタイミングで安定した周波数を送る

…という役割を担っておるようです。
(間違ってたらすいません)

 

 

では貴金属・都市鉱山スクラップとしての価値はどうなんでしょうか?
弊社に入荷したものを分解してみましたところ、↓のようなものが出てきました。

水晶振動体


水晶板=振動体です。
①数ミクロンの水晶板の上に②電極=導電材料が乗せられております。②の電極は金(Au)・銀(Ag)・アルミアロイ(Al)の3種類があるようで、都市鉱山スクラップとしての主たる価値はこの部分がほとんどを担っております。

で早速いつもお世話になっている業者さんに分析を行ってもらいました。結果今回入荷分のものは銀(Ag)のみで成分割合はコンマ数パーセント、金(Au)は検出されませんでした、、、。残念ながら工業雑品+α程度の価値となりましたが、もし金(Au)であれば結構な価値の物であったと思われます。


過去に↓のような形状の水晶振動子も入荷したことがあります。

水晶振動子・金

とても細かい水晶振動子

こちらのものはパッと見で明らかなように金(Au)が多量に使用されております。実際結構な金含有量でそこそこ高価なものでした。

 

というわけで実は基板実装部品にはICチップ以外にも多数、貴金属価値の高いものがあるんです。ので基板スクラップは異物を除去することが基本推奨されておりますが、チップ以外は全て異物、として取り除かれますと逆に価値が下がるケースも出てまいります。。。難しいところです。

以上です。
基板スクラップの買取は、様々な経験とデータを保有する基板買取専門のヒラノヤへ是非是非お任せ下さいませ。小企業ならではの柔軟な対応と高価買取をいたします。

 


何卒よろしくお願い申し上げます☆

»