LINEで送る

基板分別とウイスキーについて

2016/06/27 日記

こんにちは、ヒラノヤ代表 中務(なかつかさ)です。

 

また日曜夜の更新…子供が寝てから家事の残りやらメールチェックやら色々な事務作業を済ませやっとこさ日記を書くわけです。明日も朝が早いので寝たいのですが…頑張ります。

 

さて、ヒラノヤはここ数日、入荷した基板の分別に追われておりました。

 

基板の山

 

計10フレコン程入荷しまして、これが最後の2本です。昨日はこの分別をしておりました。

 

基板の分別方法について

 

フレコン2本、クラスごとに整理するだけならそれこそ1時間もあれば終わるのですが、今回はこれ↓↓に手間取りました。

 

ボタン電池

 

ボタン電池!!!

もしボタン電池が付いたままであると、基板を粉砕機にかけた時に爆発・発火してしまいます。ので絶対に外さないとなりません。

で、もーこれがめんどくさいのなんのって。マイナスドライバーもしくはクリッパーを使い一つ一つ手作業で外していくんです。フレコン内全部に付いていたわけではありませんが、それでもそこそこの数は外しました。多分150個くらい??でついでにアルミや鉄などの異物も外しながらだったので、、、結局丸一日かかりさらに持病の左手首の腱鞘炎が少しですが再発してしまいました…(; 😉

 

しかし作業も終わり今や気分爽快!!!嬉しすぎて夕食時に、久々に少しだけウイスキーを頂きました。

 

樽薫る

 

このキリンの「樽薫る」、2か月ほど前にスーパーで1,000円程度にて購入し友人と飲み明かして以来放置しておりました。
私は、基本的に凛やトリスといった半分醸造アルコールで出来た安ウイスキーを飲んでるのですが…、確かにそれらよりは味に角が無く飲みやすかった。しかしネーミングにあるほど樽の薫りはしません。価格からは期待しすぎだったのかもしれませんが、やはり完全に名前負けしてる感があります。

やはり薫りを求めるならばある程度のお金を出さないとダメなのでしょうね。。。

 

すいません、少し話が脱線してしまいました。

というわけで、ヒラノヤへ基板をお売りいただく際は、我儘を言って申し訳ありませんが出来ればボタン電池は外してほしいです(> <)現在は買取価格には影響しませんが、ただこのままでは私の腱鞘炎が再発してしまいます。ははは。

 

お手数掛けますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

«
»